MW -ムウ-

映画「MW」をみてまいりました。
もとはツレが玉木ファンということもあったんですが、ワタクシ的には何十年も前の、しかもその筋の人には有名でも、一般的には知名度が落ちる原作、なんだそれというところがポイントだったわけですが・・・。


いやはや、さすが!といわざるを得ないでしょう。
現代の小説家、映画原作者、脚本家、そういったすべての映画のストーリーを考える人たちが束になっても敵わない、すごい展開のスムーズさ。原作からもかな
りはしょった部分があったし、改変された部分もあったけど、やはりベースがキチンとしてるからぜんぜんぶれない。ラストの流れがやや強引になったのは、映
画としての時間的な問題だけだと思った。

4 Replies to “MW -ムウ-”

  1. おおおっ観たですか!
    私も、なぜ今更実写版映画化?と思ったのですが。
    観に行きたいなぁ。

  2. ハリウッドがリメイクしたいと言い出しかねない感じ、よかったっすよ。

  3. 玉木宏かっこいいよな。
    今私の中でNo1だわ。
    んで、玉木宏いいなーと思い始めて気がついたんだけど、
    和泉元彌も実は好きだったw
    あまりにもダメな人すぎて、大きな声でいえないけれど。
    ・・・と、お伝えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です