沈まぬ太陽

映画「沈まぬ太陽」を観てきた。


つーか、3時間半(ほぼ)長い・・・。10分の休憩があっても、内容の濃さもあいまってくたびれた。
まあ濃いといっても、原作ほどの濃さはないけど。よくぞここまで、という気分と、ここまでが限界かと思うところの二つあり。
そして、すべてが過去のことなんだと、見終わったあとに思わせてしまうのは、もうしょうがないことなのか、あるいは映画的な失敗なのか、という見方も二つあり。
 
123便の異常事態宣言から墜落までの間は、やっぱり涙を抑えることができなかった。
これはもうしょうがないこと。ほんのわずかな時間の映像だけど。
たぶん二度とみることはない(みたくない、ということではなく、みれないだけ)けど(から)、映画館でみておいて良かったと思う。

3 Replies to “沈まぬ太陽”

  1. いまひとつ理由は不明・・・。
    内部的なことのようなので、moglog.jpからほかには普通にトラックバックできるようです。
    なぜかここにはうまくいかない模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です