インセプション

ひじょーに久しぶりに映画を見てきました。
1日だったんで、安かったし。
ネタは「インセプション」。


面白かったと思います。ざっくりいうとそんな感じ。
最初のシーンは、後半を意識させる作戦ではあったけど、特殊メイクが似合ってないというかバレバレなので、ちょっといきなり冷める部分もあるかと。
SF的つじつまはそれなりにがんばってるけど、首をかしげる部分も。ご都合主義的になるとちょっとひいちゃうなぁ、自分は。気にしないという人もいるんだろうけど、気にしないなら別にこの映画(この内容)でなくてもいいということになると思う。気になったのは、時間が階層ごとに長大化するのに、1段階目でバンが転落中、2段階目でメンバーが浮遊状態なのが、3段階目ではまったく関係ない状態であること、またそれに対してサイトーの病状が1段階目で重症、2段階目、3段階目で最初はよかったのが次第に病状が悪化していくという時間的な流れがあったこと。サイトーの病状からいったら、3段階目の最後のほうでみんなが浮遊状態になってないとおかしい、または(そこまで深層になると1段階目の状況は影響しない、とするなら)3段階目ではサイトーは元気に動き回れていなければいけないでしょう。
また、サイトーに関しては、3段階目で死去したから、忘却に落ちてしまったという状況に対して、冒頭のシーンが生まれていくんでしょうけど、そこが解りにくすぎる。なぜコブは見た目は若いままサイトーの忘却世界にたどり着き、なぜ記憶を半ば無くしていたのか、説明はないままでした。
とはいえ、この映画148分の長作で、たぶんかなり編集で困ったんだろうなぁというのが見て取れます。大変だったねぇという感じですがw そういう部分ではしょられたところもたぶん多いんでしょう、と納得しておくことにします。
そういえば、イームス役のトム・ハーディ、どっかでみたなぁどっかでみたなぁと上演中ずっと悩んでいたのですが、おもいだしました。スタートレック・ネメシスのシンゾン役の人でしたね。
しかし・・・

tomhardy.jpg

どうしてこうなった・・・
あのころは細身(どうやらイームス役のために体を増やしたみたいですが)でいまどき風だったのに。しかし、今はかなり売れているみたいですね。マッドマックスの新作に主演するそうです。
とまあ、そんな感じで。

2 Replies to “インセプション”

  1. トムは靴フェチで、センスを共有できる
    ゲイ友が必要なんだってよ。
    そうとうこだわりがありそうw

  2. あー、そういう人だったのかw
    シンゾンはあんなだったのに・・・(まだいう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です