バーにて。(5)

あまりあることじゃないけれど、バーでの御法度というものがあります。
それらは大概、客の自発的な行動によって行われていることで、必ずしもそれを破ったからと言って店からたたき出されたりするものではないのですが(苦笑)。
ただ、中には、他の客から注意を受けることもありえるので、知っておいたほうがいいことも。
基本は「他の客に迷惑をかけない」ということに過ぎません。
例えば
・大きな声は出さない(普通、二人程度で来たのであれば、隣の人に聞こえる声でいいのだから、大声を出す必要はないだろう。)
・バーテンダーの仕事の邪魔をしない(バーテンダーはホストでもホステスでもない。複数の客を相手にしているのだから。)
・酔いつぶれるまで飲まない(いわずもがな。)
などなど・・・
細かいことを言い出すときりがないし、そんなの気にしてないっていう店もあるので、それは「場の雰囲気」を見て自分の中で決めるものです。ある意味「郷二入ラバ郷ニ従エ」ってことで(笑)。
とはいえ、お酒が入ると楽しくなって笑ったり話したりがついつい大きい音になっちゃったりするのは、仕方ないかなってときもあることはあります。
ただ、どうしても我慢ができないのが、香水。
女性としては身だしなみレベルで当然のものだと考えている人もいますし、そういったことを否定するつもりは毛頭ないのですが(汗)。
お酒の香りは繊細で、他の香りとぶつかると消えたり変質したりします。
人間が味を感じる仕組みにおいて、その何割かは香りによるものだといわれます。味わう、ということは香りを嗅ぐことだということです。風邪のとき、鼻がつまっているせいで、何を食べてもおいしくないと感じるのも、このせいだということです。
香水が鼻につくとき、これも同じような効果をもたらしているようです。どんなに良い香りの香水だとしても、それがどんな酒とも相性がいいとは、誰にも言えません。いえ、逆に、どんな酒とも相性が悪い、と言える場合もあります(マリンノート、フローラル系は、その最たるものといわれています。だからといって、ムスクやその他のものが合う、というわけでは、当然ありません。)
香水はまた、空気中に放散しますから、本人だけの問題ではなくなる、ということもあります。上で挙げた「他の客に迷惑をかけない」ということにひっかかるわけです。
ぜひどうか、「いい女」な皆様、バーにいらっしゃるときは、香水は控えめに。

“バーにて。(5)”の続きを読む

バーにて。(4)

例えばここに、一本の酒瓶があるとする。
友達は、期待の眼差しでもって僕を見ながら「これはどうやって飲むもんなの?」と聞く。
僕は「これはどうやって飲むのがおいしいの?」という質問と判断して、「そのまんまかロック、ちょっときついなーって人はソーダ割なんかにすればいいんじゃないかな。」と応える。
ウイスキーやスピリッツ類、度数の高いリキュール類は、とりあえずそのまんまかロック、またはソーダ(いうまでもなくクラブソーダ)でそのものに近いままの味を楽しんでみるのが一番だと思う。
それを味わった上で、自分なりに「柑橘系が合いそうだ」とか「ベリー系リキュールが合いそうだ」とか組み立てて、試してみるのが楽しいんじゃないだろうか。
いや、僕はそう思っていた。
だが一般的にはどうもそうではないらしい。
最初の質問の意図は
「このお酒はどういう飲み方をするものなの?orどういうカクテルにしたりできるの?」
ということらしい・・・(苦笑)。
しかし、それは難しい質問だ。
あらゆる組み合わせを試しているわけではないから、自分がいままで試したものの中でいいかと思われるものしかオススメできない。僕もプロではないし(笑)、必ずしもオススメするのもお口に合うとは限らない。
いや、そもそも、酒の飲み方に決まりなどあるだろうか?という疑問に突き当たることになりそうだ。
カリフォルニアワインに氷を入れる、というスタイルが流行ったことがあった。以前には考えられないことだ。
ロックビールってのもあったな。
カスクストレングス(樽出し原酒)のシングルモルトウイスキーを、蒸留所が使っている水で割る、という高級な遊びもある。
こないだは某所で、コアントローリッキー(ソーダ)を飲んでいる某氏をみて感動してた人もいた(笑)。
度数25度以上のものは、混ぜることが特に不思議ではない、と思っていていい。
そのまま飲むのが好きな人もいる。
ちょっとそれでは強いので、ロックやソーダ、水割りにする人がいる。
カクテルの材料にする人がいる。
皆それぞれに楽しんでいるわけで、どれかに限定されるようなものではない。
自分なりの楽しみ方を見つけてみてもらいたい。
それに乱暴な話をしちゃうと、レモン(またはライム)を絞ってソーダで割るってだけで、なんでもカクテルになっちゃうものだ。
だから、リキュールやスピリッツ類をして、その後に「リッキー」とか「ハイボール」とか言っておけば、それなりに軽めに楽しめるともいえる(って、どうしても合わないお酒もあるので、なんでもかんでもってのはヤメましょう:笑)。

“バーにて。(4)”の続きを読む