謎の夫婦、その2

みな、一度は王子の御前にてひざまづくもの(当然、王子の御威光に触れ、誰もが畏れるからである)だが、夫婦で謁見を許されたものは特にその傾向が強い。
これは、王子への謁見を許された南方のカラクリ職人夫婦。貢物のカラクリ風船を王子へご覧に入れているところ。