パスティスへの思い

[ 関連したBlog ]
初めて、他の方の記事へトラックバックしてみたりして。
一時、2年位前かな?やたらめったらペルノーを飲んでました。
kyouheiさんの記事にもあるとおり、ピカソやゴッホなどが愛した酒「アブサン」が元になっている「パスティス系」と呼ばれるリキュール。度数も40度を超えるものがほとんどで、強烈な香りと舌に残る味わいが、飲む者を選ぶ酒です(笑)。
最近はアブサン、アブシンスなどという名前で輸入されているものがあります。たいがいフランス、イタリア、チェコあたりで、いずれにせよ、アブサンにあったといわれる常習性のある成分は取り除かれています。
このペルノー(またはリカール)をつかったカクテルで「アースクウェイク」というのがあります。ここで名前を憶えたからといって、バーにいって気軽には頼まないように。
「アースクウェイク」はウィスキー(基本的にはブレンデッドスコッチ)、ジン、パスティスリキュール(ペルノー、またはリカール)を、それぞれ三分の一ずつ、シェイカーで氷とともにシェイクして、カクテルグラスに注いでできあがり、です。
当時、これを「ナイトキャップに飲んでいる」と言ったら、あるバーテンダーは「頭おかしくなっちゃうよ」と(客にむかって!!)言い、ある店では三人いるバーテンダーと「アースクウェイクにどうオリジナリティを出すか」で論議となり、それぞれ三人に作らせ、それを完飲する破目に陥ったり(それ以前に5杯のカクテルを飲んでいた)、あるバーで、隣に座ったカップルの男の方がいかに酒が強いかを自慢し、かつ女はそれを褒め称えていたので、いたずらにバーテンダーを呼び聞えよがしに「アースクウェイク」を頼み(しかもバーテンダーも心得たもので「相変わらず強い酒を飲みますね。」などと答える)、三口で平らげて見せると、ムキになったカップルの男も「同じものを」なんていって注文し(バーテンダーも心得たもので、余計なことを言わずそそくさと作り始めた)たりして。
当然、カップルの男は一口飲んだだけで降参し、その女は匂いを嗅いだだけでひどい顔をした。
「地震=アースクウェイク」という名前だけあって、本当にきついカクテル。本当に他人に薦められるもんじゃないですね(笑)。
って、ここまで書いたら、誰か試してくれるんじゃないかと、ひそかな期待(笑)。

“パスティスへの思い”の続きを読む

SPAM

すぱーむすぱーむすぱーむ
SPAM、なんどか買って食べてるんですけどね、やっぱりどうもあの味は合わないかもしれない。食べれないってわけでもないんですけど。
あれって、どのくらい焼くんでしょう?自分でもかなり焼いているつもりなんですけど、なんか足らないのか・・・?
僕なら、あれでおむすびにしてもうまいと思えないだろう、と思ってますが。
どうなんですか、本当のところ。
うまいもんなんですか?
ってどんな問いかけだよ(笑)。

憧れのラジオ・ガール

殿の日記で思い出したんですけどね。
中学高校のときは、かなりラジオを聴いてました。AMでしたけど。
その頃、まだ狭い団地暮らしで姉貴と二段ベッドを使ってて、FMがついてるステレオラジカセなんて持ち込めなくて、小さなAM専用のイヤホンラジオみたいなのを使ってたから(苦笑)。
そこにクリップ式のスタンドで明りをつけて、本を読みながらラジオを聴いたりしてたんです。聴き始めた中学の頃は、オールナイトニッポンの時間(25時)まで起きていられなくて、かなり撃沈してましたね(笑)。
基本的に合わせている周波数は地元のAM民放で、今はどうなのか知らないけど、たぶんニッポン放送系の系列だったんだろうと思う。
でも、その辺の縛りみたいなものもゆるかったのか、TBS系?らしき放送とかも混じってたし。
だから、オールナイトニッポンの1部が終わると「歌うヘッドライト」でしたね(笑)。そうなると僕はわざわざ1242のニッポン放送に直接合わせて、2部を聞いてました。
高校の中ごろだったと思うんだけど。
地方局数社だけでネットしているらしい番組っていうのがあって、まあ思いっきり売れっ子のタレントを使ってというわけでもない30分とか1時間の番組なのだけど。22~23時あたりのニッポン放送ならアイドルタレントや若手芸人がバリバリやっている時間帯に、地方局だけで細々とやっていたワケですよ(苦笑)。
その番組の一つに、女優の仙道敦子さんのがありました。
もともと好きな女優さんだったし、わざわざニッポン放送に合わせてノイズと波のある放送を聞くくらいなら、仙道さんの声を聞いていたほうがずっと良いし(笑)。
1年くらいやったのかな?半年くらいだったのかも。
地方数局くらいでしかネットしていないこともあって、リクエストや投稿のハガキもそれほど多くはないみたいで、送るとかなりの確率で採用されましたね(笑)。ええそうです、別の機会にも書くとは思いますが、当時は某雑誌の投稿職人でしたし(笑)、その派生としてラジオ番組系でもかなりハガキ投稿はしていました。
その番組ではもうとにかく(笑)仙道さんがかわいくて(笑)。あの通りのきつい印象の見た目な人ですけど、当時18歳くらいでフリートークで話していることなんかはホントにただの女の子って感じで、妙にポエトリーなものとかも好きだし(笑)、聴いてると「ああ、普通の子だなぁ」なんて嬉しくなったりするわけですよ(笑)。
笑うネタだったら、とんねるずや中島みゆき、その後のデーモン小暮のオールナイトニッポンなんかだったし、そういえば谷村新司と堀内孝雄の「セイヤング!」は盛岡の放送局と地元の放送局で30分の開始時差があり(笑)、時々盛岡で聴いてて放送終了すると地元局に合わせてまた30分ぶんを聴く、なんてこともしてましたね(笑)。
なんてちょっと、昔話でした。