いつかきっと

ヤフー!BBの情報流出で逮捕者やなんかがボンスカ出てるわけですけどね。
ヤフー!BB側のセキュリティの甘さも話題に上ってて、なんかすんげーずさんすぎて、ありえないんですけど?(笑)数十人からの担当者が1つのアカウント/パスワードを共有してて一度もそれを変更したことがない、ってそれはセキュリティなんかありませんでしたよ、といっているようなもんじゃないか(笑)。
引き出して恐喝したヤツが悪いのはそりゃもう当然だけど、こういう事態を引き起こす原因を作った人も逮捕するなりしたらどうです?てか、著作権法違反の幇助で逮捕される人がいるんですよ?個人情報の違法な収集とそれを基にした恐喝の幇助、あるいは特別背任でもいいや。
この犯罪的な所業で、本質的な被害者である顧客には500円の商品券1枚。
社長交代くらいしたら?(笑)

うまいメロンは食べたいが、チャルジョウはあまりに遠い。

日本では、軟らかくて多汁、芳香が強く甘味が濃厚なのをよしとする傾向にあるのですが、メロンが欧州とアジアに分岐したあたりで、今なお非常に多くの種類のメロンが栽培・消費されているトルクメニスタンでは、身の硬いものや、香りだけを楽しむ非食用のものなど、いろいろなタイプのメロンがある。
身の硬いものといえば、プリンスメロンなど懐かしい種類にはあったりするんですが、なかなか今は見かけることもなく、あるのはどちらかといえば高級品種で何かこう不満にも似たものを感じていたわけで(笑)。
そんなとき、遠く熊本から吉報が。
なんと、硬いタイプのメロンが近年よく栽培されているらしいのだ。それはメロンドームにあるという。なんというポップな建物。感動だ、官能だ。これは期待できる。
写真などを見ると「サクサク」っとした感じがする。むむむ、かなりそそる。オレのメロン魂に火をつけるぜ!!(意味不明)

ということで、お取り寄せさせていただいて、本日がっつり食べました。サンプルでみてた写真より、ずいぶん熟成が進んでいたみたいだけど、それでもすっごく身が詰まってて甘みのある果汁がすごい!むむむー。日本農業恐るべし!
ってことで、皆これからは「うまいメロンは食べたいが、メロンドームはあまりに遠い」という慣用句を使おう。(って表題の慣用句、使ってたのかよ>自分)

蒼天航路(31)

ネオ三国志も31巻続けばもうスタンダードに近いかもなー。
このマンガの美点は、作者の意思があまりぶれないで画に反映されている点ではないかと思う。
原作や何か下敷きになるものがあるようなマンガの場合、原作者や下敷きにしたものの意思と画家の意思との微妙なズレが生まれて、それがよい効果を生んだり、あるいはもうリズムが狂いっぱなしで大変、っていうようなことがあったりする。この場合、もともとの原作者であるイ・ハギン氏が急逝して、画家であったはずの王欣太氏が原作部をそのまま引き継いだという経緯がある。当初は多少型破り的ではあるものの、マンガとしてのストーリー展開はごくわかりやすい範囲で進んでいた。引継ぎ後はその型破りさに拍車がかかり、よい意味で王欣太氏のブロークンでパンクなストーリー展開が「蒼天航路らしさ」のようなものを生み出している感じだ。

あとがきにもあるように、物語は終盤を迎えている。
司馬仲達が舞台に登場し、劉玄徳が漢中に侵攻する。これからハン城の戦いに向かい蜀が立ち、正に三つ巴の勢力が激突し、英雄が死に、乱が生み出されていく。その終末に向かって、王欣太氏の怒涛の筆を期待している。

weblogなんて

weblogなんてくだらない、みたいな話を聞いた。
そうかなぁ?くだらないっていうなら、僕をくだらせるほどのものを書いてくれれば納得するのに。
ゴミみたいなのが多い、というのがその主張の根幹にあるようだったが、そもそもウェブ上に散らばっている情報の8割がたはゴミじゃないのか、weblog以前から。
weblogというのは、つまりは仕組みでしかない。CGIでしかないはずだ、ということを、以前に別の人に言った。weblogという仕組みがつまらないblogを生み出すのではなく、単に書いている人がつまらないだけだ。その人が書こうと思ったとき、ただそこにあったのがweblogであり、もしweblogがなければ、HTMLで書いたか、ジオシティとか楽天とかの簡易エディタを使ったんだろう?ということだ。

そもそもweblogってなんなの?という人もいる。
そんなこと知ってどうするんだろう?そういう人は「そもそもHTMLってなんなの?」とか「そもそもWWWってなんなの?」ということに対して疑問は持たないのだろうか?あるいは解決済み?ならweblogについて疑問をもつ理由なんてこれっぽっちもないと思うのだけど。
僕はweblogをここにインストールして大変助かっている。仕事柄HTMLも書くけど、やっぱり結局のところ面倒くさい。HTMLを書いて、ローカルで確認してFTPでアップロードして、またブラウザで確認する。面倒くさいでしょ、どう考えても。それに比べて、CGIによるコンテンツ吐き出しの仕組みは、テンプレートになっている部分が自分好みになってさえしまえば、あとはただ書きたいときに文章を書いてプッシュするだけで、HTMLになったり(CGIから直接の場合もあるけど)するわけだし。
そして、僕が逆に疑問に思っていたのは、HTMLだけでつらつらと書いているウェブページの情報量の少なさと、検索性の悪さだ。数百文字にもならないHTMLや、そのほとんどが画像に文字を書き込んであるようなウェブページに出会うと、なんだかHTMLである必要もWWWである必要も感じ得ない。画像ばっかりのウェブページってナニが困るって、検索サイトのキャッシュにでさえほとんど残らないから、検索結果として邪魔なんだよね。
ある個人の意思表示や感想、観測というようなものがひとつながりに参照できて、そのほとんどがHTML化している、それがさらにTrackBackという形でリンクされている状態、このweblogによって築かれつつある新しい、まさに「web」は、情報の検索性において、原始の形であり、同時に究極的な進化の形態のひとつであると思う。
また、過去、まさに「マイ・ホームページ」を持った人々の経験にあると思う「リンクさせていただきました」的結束感の、微妙な閉鎖さ。結局はある程度友達、ある程度同好、ある程度同類的側面を持ったもの同士が「相互リンク」をしていることによって、リンクで訪れた先も、あんまり内容として違っていないページだったりして、ちょっと見る気を失くしたりして。
また、コンテンツと掲示板が分離していることにより「コンテンツのあれについて聞きたいんですけど」という書き込みと「全然関係ないんだけど、今度のみに行こうよ」的な内輪受け書き込みが入り混じった状態の掲示板が生まれ、自ずと一見さんが遠ざかっていく結果で。
あるテーマについて誰かがEntryを出す、それについて軽くコメントしたり、また自分のweblogでトラックバックして話題が膨らんでいく、それがweblogのよいところであって、ある意味では過去の「マイ・ホームページ」な空間のちょっと狭い世界観を打破しているところであると思っている。

関係ないことが書けない、って言われたこともあったけど(笑)、それは当然というか「関係ないことはメールででも」ということでいいじゃん?という肝。関係ないことだったけど、多いに他の人にも関わってくることなら新しいEntryが立つだろうし、そうでなければそれまでのことだということに過ぎないし。

あんがい多様な範囲にweblogに対して批判的な意見があることに、ちょっと驚いた。
いままでのこと、現在のこと、これからのことについて、wwwの世界を理解しているなら当然でてくる疑問、それらを簡単に解決しようという方向性を否定するのは、なんかピントが合ってなくない?

にじゅうよん?

僕だって一応、24とか見てるんですよ?

ってわけのわからない入り口。
私の名前はジャック・バウアー。大統領候補暗殺計画が進行中。
ってゆーか、きっとバウアー君、汗臭いんだろうなぁ、とか思いながら見てますが。
あれだけの殺人的スケジュール(つーか、24時間の間にイベントありすぎ)でずっと動き続け考え続けて、よく生きていられるな、という感じですが。
実はまだ19話。これからですよ、これから。

100年前の清酒を堪能 酒類研究所の創立記念で

[ 長崎新聞社:FLASH24:暮らし・話題/100年前の清酒を堪能 酒類研究所の創立記念で ]

雄町を1割5分搗きして、当時の菌や酵母と地元の井戸水を使って作った、100年前風の清酒で試飲会。
いいなぁ、飲みたいなぁ。
最近の淡麗ブームにはちょっと飽き飽き。
どの日本酒も同じような感じ。幻の酒が本格清酒の4割くらいを占める勢いで(笑)、後は過去の名声におんぶに抱っこなもの。つまんないですよ、どの酒も。
100年前風の酒は、薄い黄色で酸味があり、濃厚な辛口。
木樽仕込みの清酒が発売されたとかいうニュースもそういえばあったな。たまにはそういうのもいいんじゃないかと思う。杉香が強くて、酸味があって、飲み口の強い、ぎっしりとつまった感じの日本酒。

Happy Birthday!

2004_03_20-1433.jpg今日はルネの、2歳の誕生日です。
最近はなにやら、落ち着いてきたなどと言う人もおるようですが、そんなことはありません!
執事に厳しく、その他に優しく!がルネのモットーですから。

誕生日祝いは、とっておきのオヤツです。楽しみです。
うなに買ってもらったごはん皿(どんぶり、という噂も)はもう使っています。
最近、執事が爆睡しているのが気に入らないです。
コメットローラー以外のおもちゃはいらないです。
今井優子さんにかわいいといわれて、ちょっとうきうきです。
そんな毎日です。

今井優子さん復活LIVE、行って来ました。

土曜日は、夕方はやくから原宿RUIDOで今井優子さんメインで、ライブイベントにいっておりました。
個人的に10年ぶり以上・・・に今井優子さんのライブを見れただけでなく、その後は今井優子さんサイドからの計らいで、オフ会という形で交流を持つことができました。

ライブではただ感涙。名曲「愛は彼方」から始まり、新曲二曲を含む全7曲、最後は優子さんのフルオリジナルの中でも屈指の「Airport」で〆。また感涙。
オフでは優子さんが全員に挨拶をしてくれたり、プレゼントをくれたり。あまつさえ、ライブでとちったことを理由に「Airport」を1番だけ歌いなおしてくれたり(笑)。

こってりと濃厚で、懐かしくて楽しい一日でございました。

a forget-me-not.

ライブハウスのジントニックは、この上なく安っぽいグラスに入っていて、水っぽい氷が申し訳程度に入っていて、安いジンがちょっとだけに、薄切りのライムのかけらがぽつねんと浮いていて、その全ての味を洗い流せるほどの量のトニックウォーターが入っているだけのものなのに、どうしてもう一杯飲みたくなるんだろう。
あるいはそれは、思い出との邂逅とも関係があるかもしれない。

キラキラと輝くようなオープニングテーマ、さざなみのような客の拍手を身にまといながら彼女は、静かにステージにあがりゆっくりとマイクを手にする。
しんと一瞬の静寂。そして10年以上待ち望んでいたその声が、私の鼓膜に溢れかえる。呼び覚まされる思い出と、何か不確かだった季節の終り。
愛してる その言葉さえ 届かない 遠くて
 思い出に 生きること あなたには できるの?
私はごくりと唾をのむ。喉が渇いている。
10年。長かった。淡々と過ごしてきたつもりだけど、私にとってこの10年は紆余曲折の末に辿り着いた場所、ということだ。ずいぶんと遠回りをしてきた気がする。
だから、喉が渇いているのだろう。

MCになると、PAの裏の段差に置いていたグラスを手に取る。氷のとけかかったジントニック。
喉を潤すそれは、懐かしい香りがした。
(なんていったっけ、あの花の名前)
きっとたぶん、思い出せないだろうそれを、ただ懐かしむだけにして、私は意識をステージに戻した。
いつからだったのか、本当に私はいろいろなものを捨て、忘れ去り、置いてきぼりにして、そしてまた本当にいろいろなものに捨てられ、忘れ去られ、置いてきぼりにされてきた。悲しいのではなく、ただ漠とそう気づく。
思い出に生きること。どうやら私には、できそうにないらしい。

さざめく人の波に溶け行ってしまいそうなアナウンス。空港のロビーで、偶然に見かけたかつて愛した人。バッグをもった片手には恋人が腕を絡め、もう片手には小さな子供。そっと見送りながら、自らはまた愛した人の帰りを迎える。
そんな歌を最後に歌ってから、彼女はステージを降りた。なんども客席に向かって手を振りながら。
そんな彼女に私は、惜しみなく拍手を送った。
拍手がやみ、会場がすこし明るくなる。グラスのジントニックは氷が解けてしまっていて、もう水っぽい。だけど喉を潤すにはこれでも十分だ。
喉を鳴らしながら飲み干して、私はすべてを受け入れた。終りと始まりを。
思い出から目醒めるために。

ハッハッハッ、まだまだ若いのぉ。

[ Yahoo!ニュース – 社会 – 産経新聞/千葉の県立高入試で“難問” 受験生の半数0点 道案内の作文、選択肢に混乱 ]

千葉県の県立高校入試の「国語」の設問に、受験生の半数がまったく得点できなかったというものがあったそうな。

設問そのものが掲載されていないのでアレだけど、要約すると
・散歩の途中でおじいさんと出会った
・おじいさんに公民館までの道案内を頼まれた
・公民館までは、急な上り坂のあるAの道か平らな道のBかの2つがある(たぶん、Aが近く、Bが遠回りなんだと思われる)
・おじいさんは急いでいるようだ」「体力がなさそう」「とても元気そう」「時間の余裕がありそう」のいずれかである、と仮定する
・あなたが、そのおじいさんにどのような配慮をしているのかがわかるようにとなる。
問題を作った人の気持ちとしては「考えている内容を人に適切な表現で伝えられる文章を書くこと」というものだったようだ。
それは分からないでもないけど、質問の仕方があまりにも「道徳観念的選択肢」になっていないかねぇ?
おじいさんが「とても元気そう」なら「急な坂道があるA」を選ぶだろうし、「時間の余裕がありそう」なら「平らなB」を選ぶだろう。それはある意味「当然」だし、状況的選択肢とは言えない。その選択肢自体「どれでも構わない」と県教育委員会が言っているのであれば、問題を作成した人がはっきりと指定しておけばいいだけのことではないのだろうか。例えば「おじいさんはここまでの間、迷って歩いていたようで疲れているみたいだ。」とかね。

そこに加えて「あなたが、そのおじいさんにどのような配慮をしているのかがわかるように」ってさ、文章の能力を測る設問じゃないよねぇ。これじゃある意味、道徳の試験だ。
「どれくらい人のことを気遣っているか、説明しなさい」っていう風に解釈する可能性なんて高いでしょう。

結局、問題を目にして「これは国語の試験、道徳性を見るものじゃないんだから、冷静にシチュエーションを組み立てて表現すればいいんだ」と判断できるか、ということになるわけだ。

いまどきの中学生がどれくらい素直なのか(笑)、こういうものに対策できているのか知らないけど、国語文章能力の判断という視点からみて、ちょっとこの問題、お粗末だなぁという気も。