台風の影響

で、すっごい風。サッシがどがどが揺らされ、ルネも気になるやら怖いやらでうろうろです(笑)。
しかし、ウチは3階でちょうど電線と同じくらいの高さになるんですが、ウチの周りの電線は工事なんかの関係で、保護カバーがかかっていて、これが風に吹かれて笛みたいになってます。
ビョービョーと音がして、木々の鳴る音やサッシが揺れる音に比べてもぜんぜん大きいです。
保護の目的もわかるけど、ここ2年くらいのあいだ、まったく工事もしていないところに、こんなものが必要かという気持ちも。つけててもいいから、音をナントカしてください>東京電力。

葡萄恋露

P1001399.JPGこないだ陽さんとハリソン・バーに行くと、カウンター中央に見慣れないボトルが。
伊豆とかグラッパとか、一見関連性が見当たらない名前が並んでいます(笑)。名前は葡萄恋露。
アルコール度数は20度と軽めで、わずかに淡琥珀色。ブドウの風味は強く、甘みが舌に残る感じ。
ジャパニーズグラッパははじめて飲んだかも。調べてみたら、ほとんど情報がない・・・。
今のトコ、ハリソン・バーでしか飲めないなぁ。

雨の週末。

最近の土日は脱力系の日々が多い。うなが来てても調子が悪くてぐだぐだのときも多いし。
ってなわけで、今週末は土曜の朝イチ、雨が降る前に洗濯をしてしまい、あとしたことといえば掃除と水周りの中掃除。
結局、中野に直しの上がったスーツを取りに行ったきりで、出かけてない。
それ以外では、会社で誰も使わなくなったDynabookSS PORTEGE3020CT。
HDDは4Gで、Pentium MMXの266MHz、メモリが64M。最近のLINUXでもかなり厳しいスペックだけど、無理やりWin2Kを入れるよりは楽に動きそうだから、LINUXを入れようかと。
もう1ヶ月くらい試しているのだけど、FedoraCore1を入れた(HDD取り出し)あと、底面のねじの頭をつぶしてしまって2週間くらい停滞。なにしろ、使えるCD-ROMドライブがないので、HDDが取り出せないと、FDか、PCMCIA経由のネットワークインスコしかありえない。でも、最近のLINUXはFDインスコは忘れたことになっているみたいだし、PCMCIAネットワークインスコは、PCMCIAにしてもネットワークカードにしてもドライバの問題が非常に強い。USB1.0はついてるけど、BIOSはUSBBootに対応していない。
HDDを取り出さないでなんとか入れる方法を検討していたけど、どうにもこうにも。現在あるFedoraCore1上にインストーラのブートカーネルを入れて、GRUBのコマンドで認識させてブートさせても、うまく起動できなかったり、つーか出来たとしてもインスコメディアが認識できないんじゃ意味ないし。現行のドライブに置いても、そこを再パートできないし、フォーマットもできないし。
仕方ないのでこの週末、強硬手段へ。くだんのつぶれねじを、100円ショップで先曲がりの細ペンチを買ってきて、CRCプシュっとやって、掴み回し。なんとか開けれたので、ウチでは大活躍のPentium100MHzのスリムデスクトップメビウスにのっけてインスコ。
なんとかんとか完了。
これから、XFCEにしたりサービス停止とモジュールのアンインスコをして、軽くしなくちゃだわ。
あ、でもまだ無線LANが入れれてないわ。
やれやれと。

ウイスキーがお好きでしょ?

昔のものも含めて、サントリーのウイスキーCMに使われた音楽を集めたCDがある。
琥珀色の時間 -ザ・コレクション・オブ・サントリー・ウィスキー・CM-
渋いわ懐かしいわで、いい感じ。
特に、石川さゆりの「ウイスキーが、お好きでしょ」はなんだか刷り込みもあるのか、「大人の声」って感じがして大好き(笑)。
聴いてるとウイスキーが飲みたくなるから不思議。

ちぇ。

思い描いていたことが、またもポシャってしまって、ヘコみ中。
気分は  _| ̄|○ ってところですね。
どーして僕の人生というのはこういうことが多いんでしょう(当社比)。
運が悪くて、ついてなくて、神様が意地悪で、誰かが悪さしているに違いない。
ちぇ。

ガクガク

ようやっと秋の気配も感じることが出来る日和になってきました。
先日、ルネのワクチン注射に行ったら、ウチらの前に診察室に入ってた患畜の泣き叫ぶ声が。
ルネはそのせいでもなくて、ただ病院に連れてこられた恐怖でガクガクブルブル震えています。
結構待たされて、キャリーに入って出てきたのは、チョデブのロシアンブルー。
驚くべき酔っ払いのおっさんのいびきのような鳴き声で、周囲に不満をぶちまけています。
ルネはガクガクブルブル。
付き添っていた男の子とお母さんがルネに気づいて「あ、同じ種類ですね」なんて声をかけてきますが、執事は笑って「あはは、でもウチのはそういう声を出したことないですね」などと、どう考えても皮肉にしか聞こえないことを言ってしまいました。
そして、ルネの番。もうガクガクブルブルの頂点に達していたルネは、診察台にとどまることをヨシとせず、執事の脇やら肩の上やら、とにかくなんでもいいからそこから去りたいという感じで逃げまくり(笑)。取り押さえられてワクチン打ちました。そんなに嫌いになったんかー。頼れるものは執事だけ、という感じで診察台から飛び降りても、執事の足元に隠れるのが精一杯なのがかわいかったけど(笑)。
つーか、ホント、ルネって気弱で甘えん坊なんだな・・・(笑)あのおっさんロシアンに比べたら(笑)。

蒼天航路(32)

すごい。
ここ数巻、絵の質が違う方向にあるので、もしかしたらチームで書いてんのかしら?という感じで、実は尻が落ち着かないのだけども。
個人的に脇キャラというのが大好きなのだけど、そもそも三国志というのはその脇キャラばっかりな、ワタクシ萌え萌えの逸品。その萌え萌えの脇キャラの中でも、長らく萌え萌え(いい加減ウザくなってきた)だった趙雲と長らく表舞台から外されていた曹洪がたくさん出てきて嬉しい<そんな評価方法でいいのか?(笑)
しかし、今回(次回も続く)の漢中の戦いは、展開と乱闘のあり様がとにかくスピーディで激烈ですごい。
夏候淵を中心とした曹操軍の巨大で統率された軍の中にあっても輝く勇猛なる将軍達と、激烈で個性的でそのカリスマ性を以って兵を束ねる劉備軍の将軍達の、真っ向激突振りは単行本ならではの見ごたえだ。
家臣から王を輩出する、郭嘉の死の間際に曹操が語ったそのあり様が、夏候淵の劉備との対話の中に再び現れる。これらのメッセージ性も蒼天航路の読点だ。演義として劉備の立場が語られることが多い三国志において、敢えて曹操を中心に据え、年表の行間に紛れてしまっている曹操の差配を大胆に描ききってみせる。
はやく続きが読みたい・・・。

砲神エグザクソン(7)

完結!
うーん、90分の映画作品をみたような感じ。ちょっとだけ、最後の流れに詰め切れてなさ感が。
もっと破滅的になるか、楽観的終結を迎えるかと思っていたんだけどな。
しかし!次はガンスミス・キャッツが復活ですってよ!奥様!!
主たる感想はネタバレになるんで、追記にしましたから、ここ以下はその気のある人だけにしておいてください。

“砲神エグザクソン(7)”の続きを読む

天上天下(12)

ここで後悔してないとか書いてましたけど、忘れてただけで予約注文していました(笑)。
ってことで、発売日翌日に到着。フィギュアは・・・まあノーコメントで(笑)。
ストーリーはまたしても「実は」的ネタに展開。
うーむ、最初の話はどこいっちゃったんだろう。まあ作者当人も主人公の扱いの悪さをネタにして楽しんでいるようなので、いいか(笑)。
大ゴマや絵的なよさがあるのに、やっぱり順次展開していかないストーリーはちょっと食傷気味だなぁ、個人的に。1話か2話の中に起承転結があって、ストーリー全体、あるいは章の中に起承転結がない(あるいは多すぎ)という印象。もちろん、起承転結にこだわりすぎるのもいまさら感があるけど、カタストロフィに至る絶頂感がないと、読者は飽きちゃわないかね。