あの日、あの時、あの梅酒。

そういえば、って思い出して、アレをあけたんですよ。
2年前(だったと思うけど)、梅酒を漬け込んだんですね。ええ、そうです、某料理サイトで。3年前だっけ?
そのときは、日本酒、シェリー(フィノ)、コアントロー、スピリタスで漬け込んだのだけど、日本酒とシェリーはすでに(度数が弱いこともあって)飲み終わってまして。
コアントローは1年前くらいにすこし試飲した程度、スピリタスに至っては一度も開封してないという(笑)。ええ、そうです、梅もまだ入ったままです(笑)。
しかし、世間で言われているほどに梅そのものに異常はなく、酒にも異常はないようでした。
スピリタスはもともとは不味屋のリクエストで作ったものでしたけど、その後受け取りを拒否されてしまっているので(笑)、仕方なく自分で消費することに。
コアントローは風味も失われてなくて、ソーダ割りにはちょうどいい感じ。スピリタスは薄めに作らないとあぶないな、という程度にはアルコール度数は残ってます。たぶん50度は堅いのではないかと。
ザルとロウトを使って別のビンに移し、今は冷蔵庫の中。
ようやくその他の在庫酒がなくなってきたので、今度はこちらを毎日飲むことになりそう(笑)。

ある意味では。

しっかりと限界値を知るということは、やっぱり重要なのだな、と再認識した。
自分としてはもとからそれを旨としていたものだが、周囲の在り様を見て、これが重要なことなのだという再認識をしたわけだ。
どちらかというと急進的な考え方をする自分だが、そこで、あるいはそれにおいて発揮することができる自分の能力は、あくまで自分の限界値の中で行わなければならない。もしかしたら、それは自分が急進的であることを理解していて、急進的であるからこそ自分を押し止めなければならない状況にそのブレーキ役として限界値を用いることができるのかもしれない。保守的で論理的だと思っていた人が、急激に限界値を超える職能を期待されたことで、自ら、周囲も驚くべきペースで脱線していくのを見たのだ。はみ出したことがない人だったから、ちょっとはみ出せばよかったものを、ついついはみ出しすぎて元に戻れなくなってしまったということなのだろう。
限界値は必ずある。どんなものでも破断するし、轢断するし、圧潰する。その限界ぎりぎり、あるいはちょっとはみ出しては限界内に戻る繰り返しで、進んでいくべきなのだ。ブレーキの壊れた車では、レースに勝てない。
人のふり見て我がふり直せ、というようなことでもあり。

ハバネロフランクとやら

habanerofrank.jpgセブンイレブン(別名:ウチの冷蔵庫「大きい方」)に、暴君ハバネロフランクというそそる名前の商品が!
そら食ってみないとねー。
ってことで、食ってみました。
・・・でかいチョリソーじゃん、これ・・・。
とかいっちゃいけないか(笑)。でも、それほど激辛ってワケでもなかったです。

本日は

またしても、ひゅうがるてん。
というわけで、フリゴ。
ヒューガルテン・ホワイトをラージグラスで2杯、そのほか、ピスタチオと3種のキスと野菜のフリッター、ムール貝のリゾットなど。
すきっぱらに飲んだので、2杯で撃沈でした・・・(涙)。

あの頃食べたジンギスカン

[ 自分んち、ジンギスカン。 / おお~い、おお~い北海道♪ ]
昔、実家で食べてた「ジンギスカン」といえば、タレに漬け込んだ状態で売っているもので、少し厚みのあるマトン肉のヤツを思い出します。
最近のジンギスカンブームで「ラムって柔らかくて臭みがなくてへるすぃ~!」なんて話を聞くと、あのマトン肉の臭みを思い出します。
ジンギスカンの話をすると、北海道出身の人は「丸いラム肉」の話になるのですが、それでも私はあのマトン肉の臭みを思い出します(笑)。
ちょっと思い出してみたりして。
後TBB[ 初ジンギスカンと言えば。 / Que du bonheur!! ]
後TBB[ 丸ラム漬け込み中 / ・・もぐろぐぱんだ・・ ]
追記を追記でないところに追記する:
それは・・・ウーンとどういったらいいのかな・・・ビニールの袋に入って売ってるものです。大量の漬け込み汁とともに肉が入っていて、当然ですけどそれ以外、空気も入ってないわけですよ。まあそれ自体は見ていただければご納得いただける製品形態なんですけどね。ちゃんと工場で作られているものです。
で、それを開封して、まず肉だけをフライパンで熱し、野菜(ウチではモヤシ、ピーマン、たまねぎ等)を加えて炒めると。野菜が多かったりした場合には、漬け汁を後から加えて味の濃淡を調整するわけです。
いわばインスタントな肉野菜炒めマトン版でありまして、かつて本州ではこれをジンギスカンと呼んでいたようですよ、少数派のようでしたが。
だから、のちに北海道のジンギスカンは山型の鉄板で焼肉みたいに焼くんだと聞いて、そイのどこが美味いのヨ、たンだの羊の焼肉だネガ、と言ったものです。

DOCKINGその後

人間ドックの結果がきて、プチ下がり気味なアレコレです。
というか、やっぱりというか案の定というか当然というかあたりきしゃりきというか、酒飲みにありがちな傾向が全部出てて、こりゃもうフルコンプ間近か!?なんてはしゃいでもいいんではないかとか。
それよりも、背骨が曲がってるらしいです。
検索すると、おどろおどろしい症状が羅列されていますが、いまのところ自覚症状はあんまりなし。肩こりとかくらい?(笑)
毎朝、ルネに飛び乗られているからじゃなかろうか、と思っているのだけど、布団に入りたくても入れないから早くあけてくれよーとニャースカ鳴き続けてもぜんぜん起きてやらない僕がいけないのだ、と考えるようになっているから、飼い主馬鹿もなかなか堂に入ったもんでしょう。

エマ、ようやく5巻

やられた・・・見落としてました。
エンターブレイン エマ(5) 森薫 651円(書籍扱い)
三月三十一日発売です。
いつもリストのために使っている発売一覧、見づらいというか見落としちゃいそうだなぁと思っていたら、案の定でしたわ。
しかし、小説版の「エマ」は久美沙織氏なんですな。