本日は大塚三浦屋

ひつまぶし二人桶にとろろ山かけ。
さすがに土用丑の日の谷間(今年は7月23日と8月4日)だけあって、12時前に入店したけど、お客さん大目。
みなさん、普通にここのうなぎを食べてみたいとやってきた人ばかりで、おとなしくひつまぶしが出てくるのを待っているなか、生ビールと板わさを頼んでチャンチキやりはじめるワタシたち・・・。影響されたのか、その後、ほかのお客さんのビール注文率が高くなったのは、秘密にしておいてあげます。
そして、いつものように(といってもまだ二回目ですけど)、さくさくの三浦屋的ひつまぶしは最高でした。
とろろ山かけはなおちゃんもつぶやいてたけど、それほど「これじゃなくちゃ」的感動はなかったですな。
うまくて満足だったけど、逆に普通のうな重かうな丼(というか気分的にはこれ)が食べたくなっちゃったよ。
しかも、もちゃも行ったりして。内輪でもりあがってますが。

本日は曇天ナリ

いろいろもちゃくちゃあって、書けませんでどーも。
ようやっと昨日は晴れて、ありがたいことに洗濯したり布団を干したりできました。
って、除湿機があるからそれほど困ってもなかったんだけど、やっぱり太陽にあてて干すってのは気持ちがいいよねと。
しかし、古いマンションなので、室内に洗濯機置き場がなく、ベランダがそれになっているわけです。まあ、しょうがないちゃーしょうがないんですけど、風呂場&湯沸かし器から遠いので温水で洗濯することはできないし、雨の日の洗濯は風向きと雨の量でベランダに雨が吹き込まないときを狙ってやるしかありません。当然、雨ざらしですから、使う前にいろいろ掃除したりもしますし、掃除が行き届かないところもあります。
もう10年近く使っている安価な間に合わせで買った洗濯機なので、いろいろ不満のたまっている洗濯機なのだけど、今、どんなメーカーの洗濯機をみても、屋外での使用を想定してますというのはひとつもない。って、このねた、前も書いたね(笑)。
時代が時代なのだろうけど、でも、いまでもアパートやら古いマンションやらでこうして外で使ってる人の身にもなれよという気がするんだよねー。
家電メーカーはまだいいほうなんだろうな、とも思う。
ま、細かい話は長くなるんでアレですけど。
洗濯機カバーなるものが存在するのは知ってて、以前にもつかったことがあるんだけど、ただカバーなだけで、何も洗濯する人のことは考えてないという評価を僕は下したので(苦笑)、もうちょっといいものがあればいいのに、と思う。たとえば、ベランダ洗濯機用の小さなプレハブ小屋とか。洗濯機がぬれなきゃいいわけじゃなくて、洗濯する人や洗濯物がぬれるんじゃ意味ないんですもん。
って、結局なんか愚痴っぽくなってきたので、終了(笑)。

本日は地雷源

香油汁なしそば、スープと豚めしを添えて。
自家製のラー油をかけて、まぜまぜして食べるこの香油汁なしそばは、我流旨味そばや濃厚つけ汁そばなどのメジャーメニュー(笑)に比べて、印象の薄いヤツなのですが、いやいや実のところはなかなかキます。ラー油は大目で、かつハラペーニョソースや酢をかけてやると、美味いんすよ。

ニャンともはや。

先日、pandaさんちを訪問して、仔猫とじゃれたりたこ焼きを食べたりしたときに感じ入って、「ニャンとも清潔トイレ」に切り替える決心をしたわけですよ、ルネのトイレを。
おりしも、今はキャッシュバックキャンペーンをしてるということなので、通販で安いお店で、しかも2個購入。現在、ルネの専用トイレ(笑)は3つあって、お漏らしを繰り返していたときに、よくお漏らしをするところにおいてみたらというアドバイスにしたがって置いたら、自然とそうなっただけなんだけど、お漏らしはもう落ち着いたので、様子をみて2つにしようと思っていたので。
と、まあ、それはいいとして、とりあえず1つを組み立て用意して、配置してみました。
しかし、普通のいわゆる猫砂と違って、砂におしっこを吸収させて、その砂ごと捨てるタイプではないので、現在使っている猫砂(オカラタイプ)を混ぜて、いつもの匂いを移すという手段が使えません。
悩んだ末、とりあえず現在使っている猫砂を小皿に入れて、その小皿をニャンとも清潔トイレの中に安置。それから、他のトイレでしたウンチを掬って、しばらくの間ニャンとも清潔トイレに入れておきました。
すると、3日に1回くらいの割合でニャンとも清潔トイレに入ってくれるようになりました。
ほっと一安心。小皿も安置ウンチも取り出して、その後数日たちました。
で、総括。
これまで、オカラタイプの砂を使い続けていて、それとの比較にどうしてもなっちゃうんだけど・・・。
砂の飛び散りがなく、砂の匂いがしないという点ではニャンとも清潔トイレ。
おしっこの塊を取り出す手間が省けるという点でもニャンとも清潔トイレ。
でも、おしっこしたあと、おしっこを取り出せないわけだから、やっぱりおしっこの刺激臭が残ります。
匂いがしない、という宣伝文句の割りには・・・という落胆があります。特に、おしっこの刺激の強い匂いだけが残っている感じがして。
それと、ルネがおしっこがかかっていないまだきれいなチップ(砂)を食べようとするのが・・・(笑)。
といっても、ただ興味があって、という感じで1粒つまんでみたという感じですけどね。
コストパフォーマンスは微妙。ランニングコストは確かに高くつくけど、許容範囲とも考えられるし、本体の価格はキャッシュバックを換算すれば、かなり安上がりだし。
また、ルネのようにFLUTDなどで通院している場合、獣医師に尿の採取を求められることもあって、その採取にはニャンとも清潔トイレがちょうどよさそうだということもありますね。
そんなわけで、かなり一長一短。よくもアリ、悪くもアリ。
とはいえ、ルネのためにこれから付き合っていかないとな、このトイレとも。