ウェストサイド物語

12月29日に、劇団四季の「ウェストサイド物語」を見てきました。
前回の「WICKED」、前々回の「クレイジー・フォー・ユー」につづいて、三本目の四季です。
昔から見たかった古典ともいうべき舞台の中のひとつだったので、楽しみでした。なんと今年、舞台の「ウェストサイド物語」としては50周年なんだそーですよ。
まあそういう意味では、半世紀前の文化というものを感じずにはいられないところもありましたが、誤解を恐れずに書くなら「WICKED」にも通じる、50年を経ても変わらない人間が抱える問題を描くという意味では、新鮮なのかもしれないかなーと。特に、劇団としての四季も、いまやその団員の中には日本人以外、特に東アジアの人種も含まれていて、この舞台の「舞台」に感じるものもあるのではないかと感じた。
劇場でやや驚いたのが、すごく若い女性の観客が多かったこと。舞台には若い俳優がたくさん出ているからそれかな?と思ったのですが、具体的には不明。ただその若い女性、たぶん高校生くらいなんじゃないかと思しき二人組が、「なんだか意味がわからなかった」とぼやきながら出て行ったこと。年齢的なものなのかなーと嘆息。
しかし、こちらでぼやかれてたようなことは、なかった。キャストが変わったせいかなー。少年たちは、かなり若い感じになってたしw そして何より、マリア役の高木美果さんが可愛くて可愛くてもう!ってw
・・・あ、でも、トニーはちょっとアレだったなぁ・・・w ま、これについては、こういうところでは書かないでおきます。この話をしたいかたは、リアルでお会いしたときにでもw
ともあれ、全体的には大満足!ラストはちょっと重いけど、それはまあしょうがないw
ごちそうさまでした!<ちがう

アナログTVで地デジ視聴可能、簡易チューナーの指針発表:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

アナログTVで地デジ視聴可能、簡易チューナーの指針発表:YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 総務省と、テレビ各社などで作る「デジタル放送推進協会」は、2011年7月に地上放送が完全デジタル化された後も、アナログテレビで地上デジタル放送を受信できるようにする簡易チューナー製品の指針を発表した。 
はぁ??????????
 総務省などによると、完全デジタル化後も、現行のアナログテレビが最大1400万台残ると予測されている。安価な簡易チューナーを発売することで、現行のアナログテレビが大量の廃棄物となることを避ける狙いもある。 
はあ?????はあ??????
そんなの、当然わかってたことリストの、一番最初に載ってることじゃないんですか?
ちがうんですか?
ち・が・う・ん・で・す・か?
まずそこから答えていただきたい。どんな覚悟をもって、地デジ全面移行を決めたのか。ユーザー が、つまり国民の大多数が、どういう気持ちになるのか、そこをどう想定していたのか、そこから答えていただきたい。
まるで、何か「すばらしいよいこと」をしたかのように、発表する前に。
誰が、何のために、どういう意図を持って、どれだけ国民の大多数が納得する形で民主主義的に決定され、果たして後、それに対する多くの人の怒号とそして、怨嗟の声の前に。

NIKKEI NET(日経ネット):廃品回収トラブル急増、無料うたい高額請求

NIKKEI NET(日経ネット):廃品回収トラブル急増、無料うたい高額請求

 家具や電気製品の廃品回収を巡るトラブルが急増している。「当初無料をうたっていたのに作業後に高額な料金を請求された」などと訴える声が目立つ。大掃除の時期を迎えて被害の拡大が想定されることから、国民生活センターは「廃品処理に困ったら安易に業者に頼まず、まず自治体に廃棄方法を確認してほしい」と注意を呼びかけている。
というニュース。
逆を返せば、自治体や企業がやっている廃品回収・リサイクルのシステムがいかに面倒で高額感があり、消費者に理解されてないかというような話であることを、自治体や企業は理解すべきなんじゃないですかね。
この1年の間に、引越しで廃棄物を処理するのに大弱りし、引越し後も以前よりやや狭くなった部屋に邪魔なものを片付けるのに大変な思いをしているわけですが、やはり正規の方法で廃棄するのには手間と時間と金がかかるということを痛感します。
例えばメーカーのPCの廃品回収に関するウェブページは、メーカーのホームページの奥深くに孤島のごとくして放置されており、外部の検索エンジンに頼って行くしかないありさまで、またその内容も「手順」とやらは書いてあるが、問い合わせ先をとリンクをたどるとデッドリンクとなっているところさえある。つまり、問い合わせ先がないわけです。
自作PCなどの廃棄は自治体のリサイクル当局に願い出ることになっているが、自作PCというのは一個の完成された状態のPCとは限らず、ケースだけ、メイン基板だけ、CPUだけ、ドライブだけ、ということがよくある。とある人の話によれば、某自治体では、基板が「パソコン」という基準になるらしく、基板だけでもパソコンとしてリサイクル、ケースだけなら燃えないごみとしても扱える、という。以前すんでいたところでは、ハードディスクを複数個入れるケースはパソコンとしてリサイクルされるということで、相応の値段を請求された。
それだけがリサイクルの実際ではもちろんないけど、大手家電量販店によるリサイクル商品の横流し事件などにもあるように、この企業・自治体主導によるリサイクル事業が必ずしも万民の納得するものとはいえないことは明白といえます。
例えば、ある程度三者(消費者・自治体・製造販売企業)が資金を割りあう形で、各家庭から自治体へ廃棄物を回収し、そこから企業へ分配するようなシステムだって、不可能とはいえない。あれはこちら、これはあちら、というような分担は消費者を混乱させるうえに、各者の責任感を希薄にし、結局は悪質な詐欺まがいの業者を介在させることになるのではないかと思うところです。