期待

あ、と思ったら既に遅く、迷惑メールに自動で振り分けられた正しいメールを、まとめて削除してしまったような気がします。お心当たりの方は、再送してください、COBYです。
つーか、ここって、平日はボヤキ、土日は食い物の写真、というコースが出来上がってるような気がします。トホホ。今週末もご期待ください(?)。
うっかり失念してしまって、月曜に病院の診察予約を入れていたのをぶっちぎってしまった。前回も同じようなことをしたんだけど、担当医は見た目はそれほどでもないのに、妙に気が弱いのか「もう診察受けたくないのであれば、もう体も大丈夫そうだから(ごにょごにょ)・・・(以下聞き取れず)」みたいなことを言ったので、今回はさらに心配だ。別にそんな気で失念するわけじゃないのに(失念するのにどんな気が有るかはよくわからないけど)。

がら屋

r0010707.jpg
戸部
ラーメンとねぎチャーシュー飯(小)で800円
以前から、某夫妻にも薦められていたんだけど、微妙に地理的な不利でなかなかいくことができなかったこの店。
昼食時ということで、席はいっぱいだったけどかろうじて座れた。カウンターの下の荷物棚が狭すぎてなにも入らない件については、後日。
スープはやや家系の影響をうけるも、しっとりと滑らかでいいとんこつが出ていると思う。やや塩気が強い気がする。具材に甘みのあるものが少ないのでその辺はやや救いがない。麺はやや幅広めの太めの麺で、これも家系とは一線を画すがスープの塩気に負けている気がする。もっと太めでもいけるんじゃないかと。具はねぎ、水菜、岩海苔にチャーシュー。
細かいことを書いたが、全体としてはおいしく食べれた。久しぶりにスープを飲み干す勢いで。

秋田料理 米代

200801261852000.jpg

きりたんぽ鍋

ちくわではありません。某夫妻となんかうまいものでもという話から、きりたんぽ食べたいねという話になて、この店に。夜、すごく寒い日だったので、鍋はよかったね。ちょっと店の中でも出入り口に近くて寒かったけど。やや東京ナイズされた感のある鍋だったけど、おおむね満足。はたはたの焼いたのもおいしかったよ。 

クアアイナ

200801261257000.jpg

横浜ベイクオーター4階

ローズマリーチキンとBLT+アボカド

 

まあダジャレはいいとして。先週食べた某ハンバーガーがちょっと肩透かしだったせいで、クアアイナ熱が急上昇。でも、夜は鍋を食べに行くと決まったので、軽めにしようと、クアアイナでサンドイッチにすることに。
でも普通の人ならこれでも結構おなかいっぱいだよねw ローズマリーチキンはちょっとスパイシーなところが決め手。うなのたべたBLT+アボカドもボリューミーなわりにヘルシーでよかったよ。 

Star Trek (2008)

Star Trek (2008)
 みなさんにお伝えしておかなければならないことがあったのです。
スタートレック11作目の映画、もうずいぶんと話が進んでいたようです。2008年の後半には公開の予定でもあるようです。キャストも本当に決まっているのかわかりませんが、ややびっくりめなところでもあります。
スタッフもほとんどテレビシリーズの人が入ってなくて、すごい映画会社の主導っぽい感じがします。まあどうなるかお楽しみに、という感じなんですかね。

そして結局。

2002年頃か、もうちょっと前から、受信者が望まないいわゆる迷惑広告メールに対し「未承諾広告※」とタイトルに入れて送信するように、というまことにゆとりな政策が実施されて、当然ゆとりのある優良な迷惑広告メールの業者はそりゃまあ素直にその通りにして、数年が経ち、やがて携帯電話各社などが「未承諾広告※」とタイトルに書かれているメールをフィルタリングして排除するサービスを開始し、2007年には罰則こそないものの事実上「禁止する」との規制強化が実施され、ワタシのメーラーにもそれらの優良な迷惑広告メールはまったく届かなくなりました。
「未承諾広告※」はね。
でも結局、それ以前からたくさんあって、そんなゆとりな規制なんかどこふく風というか、露も知らずという人々が、いまだに大量のスパムを送り続けているわけだ。
官僚がいかんのか、政治家がいかんのかでいうと、どっちもダメなだけだよな、という大変に明白な事実については、ほとんど語られることはなく、うやむやのうちに「未承諾広告※」は全滅し、本物のスパムだけが残された、ある種逆のフィルターということに。
もしかして、そういう作戦だったのか?とあらぬ疑いをかけられる前に、どうにかしたほうがいいんじゃないですかね、関係者さんたち。

日本だけの3大特典とは?――ASUS「Eee PC 4G-X」説明会 – ITmedia +D PC USER

日本だけの3大特典とは?――ASUS「Eee PC 4G-X」説明会 – ITmedia +D PC USER
なんかものすごく予約数が出てるっぽいEeePC。
よくよく盛り上がってるような話の記事を読んでたら、ちょっとアレゲな感じがしてきた。リンクの記事は、ASUSによる製品の説明会なのだけど、なんか日本の某エンタティンメントなデジタルガジェットが大好きな企業の製品説明会かと思うようなノリと、テンションを紹介。そして、日本だけのサービスとして3つの特典があるという。特典は以下の通り。

  1. 液晶パネルのドット抜け保証「ZBD」(Zero Bright Dot)サービス
    購入後に液晶パネルのドット抜け(常時点灯ドット)が存在した場合、購入後30日以内であればASUSが無償で液晶パネルを交換するというもの。
  2. 4GバイトのSDHCメモリーカードが同梱
    Eee PC 4G-Xは内蔵の4GバイトSSDにWindows XP Home Edition(SP2)をプリインストールしているため、Linuxを採用した海外版と異なり、SSDの空き容量が少ない。そこでデータ保存用に4GバイトのSDHCメモリーカードが追加されている。
  3. 公衆無線LANポータル「Wi-Fine」を無料で試用できる
    Eee PCに同梱されている告知チラシに記載されたキーワードを用いてオンラインでユーザー登録することにより、Wi-Fineエリアでのインターネット接続が1日に1回だけ時間制限なく無料で利用できるというものだ。

なんかポカーンって感じ。
EeePCってなんでしたっけ?特に2番目なんて意味不明すぎて、逆に笑う。SSDが容量少ないなら、そもそもWinXPなんて入れなきゃよくない?とか。その上、「Windows Live Messenger/Writer/フォトギャラリー/メール」があらかじめインストールされてると。ただでさえ少ない容量の中、さらに余計なソフトまで入れるお祭り騒ぎっぷり。しかも、もともとタダのソフトじゃないっすか。ほとんど残り少ないSSDにさらに余計なソフトをいれて、残った僅かとSDHCカードの中で写真を管理してメールを受信してブログにアップするようなことをしろとw
そもそもマイクロソフトがノリノリで出張ってくる場所はここじゃなかろうに。XPの公式サポートをさっさとやめたくてしょうがない上に、この製品が本来ターゲットにするべきはWindows Mobileの場所であって、XPではないはず。能天気にNTTコミュとドットフォンなんていってる場合か。
これだけの相乗りを抱えて、いいように踏み台にされてるASUSもどうかしてると思う。日本には本来のEeePCのターゲット(=100ドルPCというニーズ)がないとどこかのマーケティング会社にでも吹き込まれたんですかね。
こんなわけのわからんもの押し付けられるくらいなら、工人舎の新製品を7万で買うほうがものすごくお得な気がします。ASUSという自作PCのユーザをわかっている会社なら、と思う気持ちが、勝手ながらやや裏切られたとも思います。

CATS

image.jpg

劇団四季のミュージカル「CATS」をみてまいりました。

見たいとは思いつつやや躊躇していたのが、ずいぶん塔の立った舞台だし、アクロバティックな子供だましのステージなのかと勝手に想像していたのだけど・・・

パなく良かった!

 

以下は、ややネタバレも含むかと思うので、見たくない人は気をつけてね。

いやぁ、もう。大変に大人のエンタティンメントでした。まだ始まって間もない「ネーミング・オブ・キャッツ」のとき、ミストフェリーズが席の直近に立っていて、一歩、一歩と近づいてくるとその目線の先にいるうなはハタから見ててわかるほど釘付けw

その後もステージからのスロープの横ほどではないけど、さすがに通路側だなーという感じで、猫たちはビュンビュン通るし、ステージの左右上下は全部見通せたし。

ほとんど歌いっぱなし踊りっぱなしの舞台で、芝居に小難しさはなくて、子供は好きだろうなーと思ったのだけど、客席にはものすごく年嵩の小団体が多くて、幕が上がっても(ステージの構造上、物理的な幕はないですけど)何かぶつぶつしゃべったりしてて、ちょっと「?」な感じ。まああ、でもいいよ、とっても楽しかったよ。

舞台とかは、どちらかというと一期一会な接し方をしている僕で、2度3度と同じ舞台(別の出演者の場合はあるけど)を見るマニアックな方々とは違うのだけど、これはもう一度見たいと思った。今度は回転かギャラリーか。

スウィーニー・トッド

スウィーニー・トッド (Sweeny Todd) 公式ページ

 

ジョニー・デップだから見なくちゃ、っていうような人間じゃないんだけど、僕は。

ミュージカルだし見ないとねーってことでみたわけですが・・・

 

(すいません、これは見てから1ヶ月たってから書いてます)

 

で、話は続く。

 

“スウィーニー・トッド”の続きを読む