インディジョーンズ・クリスタルスカルの王国

ってなわけで見てきました、インディ最新作。
本当は先週の公開初日に見に行こうと思ってたんですが、席の予約に失敗したから今週になりましたw

まっさきに全体を通した感想をいわせてもらうなら、「まったくもってインディジョーンズ」だなと思ったところもあり、あるいは今回がちょっとやり杉かもと思ったところもあり。

“インディジョーンズ・クリスタルスカルの王国”の続きを読む

でかい、でかいよママン

image.jpg
仕事場で、17インチのPCに付属販売されてたやっすーい液晶モニタを使っていたのだけど、そのサイズ的限界を感じて、買い替え(というか買い足し)しちゃいました。
ブツはI-O DATAのLCD-AD241X(メーカーのHPはこちら)というやつ。

24インチでっせw 17インチ4:3から、24インチ16:9はカルチャーショックの部類です。画面の真ん中に写ってる某エヴァンゲリオンっぽい壁紙が1024×768です。大体15インチ4:3くらいのサイズ。隣にあるのがサブモニタに格下げされた17インチ4:3の液晶モニタで、1280×1024表示だったわけです。んで、この24インチは1920×1200と。ちょっとでかくてもてあますかもwと恐怖を感じてるところです。

といってもコレも廉価なランクのモニタで、評判のよしあしはいろいろなのだけど、仕事で文字を中心に見てる分には問題なし。絵かくわけじゃないからね。

楽々

NEC_0055.jpg
ルミネ横浜6階

鉄板焼き、もんじゃ、広島風と関西風のお好み焼き、焼きそばとなんでもある焼き物屋さんw
もんじゃが食べたくて入ったワタシたちですが。どうしてもビールをがぶがぶやっちゃいますねぇ。

「ダビング10」開始日は7月5日ごろ。近日中にDpaが確定

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080619/dub10.htm

終了。

というわけで、ダビング10の実施がほぼ決定して、北京オリンピックまであと1ヶ月。
著作権権利者団体の半歩下がる姿勢で決定したわけだけど、それも含めてまったく透明感のない経緯だった。

記事の中では、このままでは終わらないようなので、いろんな意味で生暖かく見守っていきたいと思います。

テレビを捨てよ街へ出よう

ダビング10の延期から、いまだ混乱が続くデジタル放送&映像メディア著作権保護の枠組みですが。
ブルーレイの録画機器とメディアに補償金をかけることで文科省と経産省が合意というニュース。


 文部科学省と経済産業省は16日、テレビ番組を録画するブルーレイ録画機とブルーレイディスクに、著作権料の一種である補償金を課すことで大筋合意した。ハードディスク駆動装置(HDD)への課金は現時点では見送る。17日にも発表される。


 補償金問題をめぐる著作権団体とメーカーの対立で、デジタル放送のコピー制限を緩和する「ダビング10(テン)」の解禁が延びていたが、事態が前進する可能性が出てきた。

ということで。前進・・・するのかなw

いずれにせよ、「それやっちゃったらオワリ」という感じ。
そもそも補償金とは「コピーできちゃう機器」に対して掛けられていた「補償」、つまり「おぎない、つぐない」であって、現在のコピーガードばりばりの「コピーできない機器」にそれが掛けられるのは間違ってないですか?という話ではなかったのか?
つまりわれわれはある意味、著作権に対して二重課金ともいえる支払をせねばならないのだと。
そして、それに対する1つの理由付けとして「ダビング10」があったみたいだけど、ダビング10だって別になければないでいいんじゃない?程度の仕組みなうえ、「コピー」ではないし将来にまで保証される仕組みでもなんでもない。じゃあひとつ言わせてもらうなら、ブルーレイを10枚(あるいは9枚)ダビングする仕組み、作ってくれますか?ってなはなしでもある。

北京オリンピックを前に、この問題を前進させたいメーカーと放送局側の意図も、なんだか馬鹿臭い。
オリンピックを見て保存しておきたい人がいるとしても、それを10枚ダビングする人なんてこの世にいるんだろうか。いるとしても一握りでしょう?ただ「今販売したいんだよ」という儲けだけを優先させて、視聴者の利便性を無視していいのか?

たぶん、この問題はオリンピックにまで決着がつくんだろうけど、その後、視聴者の手元に残るのはなんだろう、と考えてる。

ハゲ天

NEC_0053.jpg

横浜ポルタ

エビ天茶セット

銀座ハゲ天の新業態、てんぷら茶漬けを出すファストフード。この横浜ポルタの店が初めての出店なんですな。まあすべては推して知るべしというところですが、おなかもいっぱいになるし、悪くはないかな。てんぷらにバリエーションというか、1人前が少なすぎるというか、そういう気持ちがないわけじゃないけど・・・。正直、変なデザートはいらんと思ったよw(このときはどう考えても大きなバットに作ったやつをスプーンで掻き出したコーヒーゼリーに、植物系のコーヒーフレッシュ)

夏は来ぬ

NEC_0052.jpg
近所の大きな神社の例大祭(というのかな?)で、参道でもありかつての東海道でもある道端にずらりと何十軒もテキヤが出たこの週末。毎年のことなので、こちらとしてはやや慣れたつもりですけど、やっぱりすごい匂い(笑)と子供の吹き鳴らす水笛の音。

まあ、それはいいとして、屋台好きなうなともども、アレでもないコレでもないと悩んで買った屋台メシを持って帰って酒盛りを始めました。

が・・・しかし・・・この写真のモノ、広島風お好み焼きと謳ってものすごい行列を作っていた屋台のものなんですが、もうべちゃべちゃで食べるに耐えられないものでした。まあ、屋台のなにに期待してるんだって話ですけどね(苦笑)。

見た目はよくても、行列が出来てても、必ずしもうまいとは限らないよと、再び勉強したようなもんですな。