カップヌードルもどうしちゃったんだか

日清食品、具材を角切りチャーシューに変えた新「カップヌードル」 – ライフ – 日経トレンディネット

個人的には、あのカップヌードルに入っている何者かよくわからない肉は嫌いではないのだが、あえてこれを変更するほどの理由があるとも思えない。

というか、そもそもここ数年の日清食品のカップヌードルでの戦略的迷走はなんだか痛々しい。
エコロジーぶって「リフィル」というスタイルを提案したけど、今はそれっきり。新しい味のカップ製品は出ているが、リフィルには新製品は入っていない。
通常のカップ製品の新製品も、どれも既存のものを焼きなおしたような新鮮味のないラインナップだし。これなら出さないほうがまだまし、というもの。
今年でた中ではライトというカロリーを抑えた製品はCMでは話題になっているが、商品としてはリフィル並みのモタモタ感で終わりそうな気配。実際これって、わるかないんだけどやっぱり絶対的なボリュームに欠けるし。
この次は、ボリューム1.5倍のとか出てくるらしいです。メガ路線も今更という気が。

それなりに人々の心に残る製品になったんだから、もうちょっと気持ちのいい路線を行ってほしいなぁ。

丸の内ディンドン

200903282251000.jpg
そごう横浜店10階

大人のお子様ランチなど。名前忘れちゃったw
おいしいけど、全体にボリュームが不足。それでいい値段するから、その点でいえばコストパフォーマンスは悪いなー。老舗名店的戦略は、価格に出ているほうだと思う。
まあ、簡単に言えばたけーよとw

chelsea cafe

200903211116000.jpg
相鉄ジョイナス3F

きーりんのブログでの記事をみて、これうまそうだけどたぶんしんずくとかにしかない店なんだろうなーと勝手に思い込んでいたんだけど、よくよくみたら横浜にもあるじゃん!ってことで行ってまいりましたw

ジョイナスの3階。開店早々に入って、さっそく注文。
ランチのチェルシーバーガー、セットで980円。
うまい!パテがやわらかくて崩れてくるのは、まあつなぎも少ないかということで良い目に見といて、これで一回り大きかったら言うことないんだけどw
いやまあ、とりあえず。こんどサンドイッチとかも食べに行こう。

どうした?ニッポン

scene02.jpg
FLEPia ~フレッピア~ : 富士通フロンテック

といっても、なんか日本代表とかそういう話じゃないですw

FLEPiaは、世界で初めてカラー電子ペーパーを画面表示に採用した携帯情報端末です。
8型サイズ、768ドット×1024ドット表示の画面でありながら、薄さ12.5mm、重さ385gの薄型軽量を実現。また、1度の充電で最大40時間(注1)の連続使用が可能な省エネルギー性を実現しました。

富士通のコンシューマ向け製品開発の子会社から世界初というカラー電子ペーパーを画面にした携帯情報端末が発売になるとのこと。1充電で40時間駆動するARMベースのWindowsCE機で、無線LANとBluetoothにWWANへのアクセスも可能とか。
まあいわば電子ペーパーのディスプレイを付けたPDAですね。
今の日本にこれを必要とする市場があるのかハナハダ疑問ですが、まあもともと企業ユーザ向けの製品を出している事業内容をみると、これも医療現場での情報端末ややオフィスドキュメントシステムの端末として使われるんでしょうな。

ちょっと気になるのが、サイトに掲載された写真のどれもが画面に反射が見られるところ。視認性悪そうだなぁとwまあ実物はもうちょっといいんでしょうけどね。

一応一般向けに9万円台で直接発売も。

別にカラーにする必要なんてないのになーと思いつつ。
ああ、でもそれってPalmの進化の歴史に似てるな、と思い出す。
PalmがZenの思想で、余計なものを排除して進化してきたけど、結局日本のメーカーのゴリゴリしたものでカラー端末化が進み、高解像度化、容量大型化の道を突き進んだすえ、高額商品になって廃れていったあのPalmの歴史。

まずやるべきは小型の白黒電子ペーパー端末を「普及」させること。日本はつい技術的優位に立とうとするけど、こういうものはソフトウェアとコンテンツが勝負の鍵。やるべきことはほかにある。

AdSenseアカウントが理由もなく無効になったから訴えた人の話。

AdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、Googleを訴えれば受け取っていないお金は取り戻せる – GIGAZINE

じっくり読みました。
まったくもって同じような目にあった私です。結局のところ、収益もわずかだったし、そのときに使っていたアカウントもどうしたかわからんから、今更訴えるとかするつもりはありませんけど。

GoogleのAdSenseを使っていたわけですが、今はどうかわかりませんけど当時は収益を米国の小切手で送られてきて、それを換金するためにそういう処理をする会社にお願いして手数料とられたりもして、しょーじき面倒だったわけですが、それでも収益は収益。サーバーの運用に必要なものをと思っていたわけですが、ある日突然「規約に違反したんでサイナラ」というメールが来て終了。その時点でどれほどの収益が上がっていたかもわからん状態で完全にロックアウトされるし、「何が違反したかわからんのじゃ、改善することができんじゃないか」というメールを送っても無視。労力の無駄遣いに思って諦めたわけですが。
それでなくても最初の登録の段階から異常な手続きで、きついなこれとは思っていたわけですが(何しろ、住所の書き方があれがおかしいこれがおかしいって、意味のわからんいちゃもんつけられたりした)、広告主だけが「顧客」で、広告を出しているサイトオーナーはどうでもいいというような態度で腹が立ったし。
半年くらいはgoogleのサービスを一切使わないようにしてたけど、まあ今は有料じゃない限りは使ってますがね。
やっぱりあの態度はおかしいと思う。だからこういう裁判結果にもなったんだろうし。

まあどっちにしても、この手の「どんな理由であろうとも一方的に契約を解除できる」なんて条文を組み込んでいるいるようなサービスはもう使いたくない。個人的には。共栄し共益し、また相互に納得できる理由で契約を変更できるような仕組み、作れるんじゃない?と思う。

つか、googleは悪いことしないんじゃないのかね。この判決が確定するなら、悪いことだったということか。楽しみだね。

Engadget – ブラザーから電子ペーパー画面の「ドキュメントビューア」

docviewersv100b.jpg
ブラザーから9.7インチ電子ペーパー画面のドキュメントビューア、Bluetooth搭載

またぞろけむたりぃ。
いやちがうくて。

ブラザーから、9.7型の大型電子ペーパーディスプレイを採用したドキュメントビューア SV-100Bが発表されました。ディスプレイは1200 x
825
(約150dpi)の4階調グレースケール。内蔵バッテリーは約5000ページ送り分または約83時間駆動(ページ送り間隔を1分にした場合)。電子ペー
パーの弱点である書き換え時間は「室温23℃時測定で1秒以下」。ストレージにmicroSDスロットを備えるほか、Bluetooth
2.0+EDRを内蔵します。microSDスロットはSDHC非対応の2GBまで。

なぜか電子ドキュメントビュア(または電子ブックリーダ)についてもごもご文句をいうことの多い当ブログ。いや、私の趣味なのか単に電子ブックリーダの世界での有り様がデジタルガジェットの抱えている矛盾みたいなものを端的に表しているんだよ、みたいなことを言いたいつもりでずっこけているのかわかりませんが。

ブラザーが日本国内で電子ペーパーディスプレイの端末を発売するという話。
ただ、その製品は「ドキュメントビューア」であって、ブックリーダではない、と。
メインは独自フォーマットらしいが、PDFやWord/Excelを表示できるソフトウェアを同梱してるんだか、もとから組み込まれてるんだか。
結局のところ一般店頭に出てくることはないんだろうなぁ。

続報:
http://www.asahi.com/business/update/0312/NGY200903120012.html

たかっ!w
税込み13万9800円。そして、でかい。どういう基準これ。
150dpiで1200×825だからでかいだろうとは思ってたけど。ネットで一般も買えるようになるとはいうものの、これはきついな。

きりたんぽ、ふたたび

R0011431.jpg

ウチにある、鍋モノ用の鍋って、8人前くらいの大家族用的な大土鍋、8インチくらいの鋳鉄製のロッジ・サーヴィングポット、そしてこの写真の1人前用ミニ土鍋。
鉄鍋で作ったら、出汁が黒くなっちゃってちょっとがっかりなので、一人分だしと思ってこのミニ土鍋にしたんだけど、あっという間に一杯になっちゃって。ちょうどいいのってなかなかないなー。
でもまあ、おいしかったしおなか一杯になったからいいか。
土鍋さがそう!