なんでそんなに

F22生産、11年末で終了…日本の取得絶望的 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 米国では今後、F22の生産ラインをF35用に切り替えるなどの動きが加速すると見られ、日本のF22取得は絶望的となった。

 ただ、上下両院で審議中の2010会計年度国防予算権限法案にはF22の「輸出型」の研究を国防総省に求める条項が残っており、日本政府は同省から議会に提出される報告書の内容を見極めたうえで、調達を断念するかどうか最終判断する。

正直、いや実際多くの人たちがそう言っているのだけど、日本がF-22にそんなにこだわる理由がまったく理解できない。
高額なだけで、日本には不要な機能も多い。USが基本的に嫌がっているものを無理に引き出す努力より、F35とかユーロファイターあたりを安くすばやく買い叩いてくる努力をしたらいいのに。あるいは、その金で技術者を日本に連れてきて、独自開発する能力を向上させればいいのに。

再発

土曜から様子がおかしくて、まあトイレ行ってもだせないし、ゆかにたらりたらりとこぼしているから、再発しているなとは思っていたのだけど、ストレスもすごいからしばらく様子を見ようと思っていたけど、昨日の夜は血尿が混じっていたので本日、久しぶりに、というか1年ぶりくらいに病院へ。

ルネの話ですよ。

ここ1年くらい本当に調子よくてほとんど何もなくって、もう大丈夫なんじゃね?くらいの勢いでいたのだけど、ちょっとおやつをあげてみたらあっという間にFLUTD再発。もう絶対あげません。

そんでもって、久しぶりの病院にいったんだけど、病院の中が改装されてて慣れない。何しろ受付も診察も1階だったものが、受付は1階、診察は2階とか、面倒くさいことに。待合室は広くなったけど、診察室も広くなったわけではなく。
んで、ここは手のかかる処置の場合、奥の治療室というかほかの獣医さんや研修生や看護婦さんがいるエリアに連れて行って処置をするので、飼い主は直接見れない。ああ、でもたぶんみたいといえば同行させてくれるんだろうけどね。なんとなく、待合室でお待ちくださいといわれると、引き下がるタイプ、自分は。
最初、エコー検査と血液検査のときは、すごく大人しくしていたみたいで、いったん連れて来てくれた看護婦さんが「とっても大人しくていい子ですね~」と褒めてくれた。しかし、獣医さんの診断で投薬と皮下点滴のために再度連れて行かれると、さすがにもう我慢できなかったようで治療室の方から天をつんざくルネの雄たけびが!w 久しぶりに本気で怒っているルネの絶叫を聞きましたw 看護婦さんの手とか噛んでないといいけど、と思いつつ私は待合室で聞き惚れてましたが。

いまはもう部屋に戻って、きっと惰眠をむさぼっていることでしょう。
まあ一生付き合うことになる病気だというのはわかっているけど、なんとか出ないようにならないもんなのかねぇ。いや、余計な食べ物を与えなければいいのもわかってはいるんだけど、それもちょっとさびしいというか悲しいというか。

まあ、ともあれ。
そんなかんじ。

はんこをもらったこと

R0011843.JPG

くう屋さんから嫌がらせと称して猫柄のはんこをもらったのです。
あちらはは嫌がらせといってますが、当方としては大変うれしがったりして逆にがっかりさせてやる作戦成功と。
もらったのはちょっと前なんですが、宅配用と思っていたら意外に宅配を受ける機会に恵まれなかったため、ようやくのお出ましですw さっき久しぶりに宅配を受け取ったのです。
黒猫さんに黒猫のはんこですよ。

劇団四季ミュージカル「夢から醒めた夢」

劇団四季ミュージカル「夢から醒めた夢」を見てきました。
今回は四季が最近がんばってるDVDの撮影があるといううわさで、そのキャスティングに話題が集中していました。

“劇団四季ミュージカル「夢から醒めた夢」”の続きを読む