薬局がんばれ

先日、うなが日曜診療してくれているクリニックに行ったあと、薬をだしてくれる
調剤薬局がないといって探し回って2時間くらいかかっていた。
医薬分業とかなんかいわれてずいぶんたったけど、利点ってどっかにあったの
かなぁと思わなくもない。利用者は、この通り面倒を抱え込んでるだけなんだも
の。いや、まあ、自分がいってる病院ではまだ薬局が内部にあって、会計の手
続き、支払い手続き、薬剤の受け取りの一連の流れを1フロアでやってて、それ
もあまり効率がいいとはいえない(この流れだけで30分くらいかかる)んだけど。

んで、そのうなの時にも探して、今も自分がちょっと抗炎症薬か去痰薬が欲しい
ので探してて思ったんだけど、ウェブ上にある薬局の情報ってのは自動収集され
ただけのものでしかなくて、すごく不便だ。
都心のものであっても、大手じゃない薬局、特に調剤薬局のウェブ上での情報は
店名と電話番号くらいがせいぜい。せめて営業日時くらいつける努力をしていた
だきたい。ネット上に医薬関連情報を載せるのはどーよこーよみたいな議論はあ
るけど、営業日時はその限りでもないでしょ?大手じゃないところは、自費でサイト
たてるの大変だろうというのもわかる。でもタウン情報サイトに店名と電話番号が
のってるし、タウン情報サイト側も薬局側もそこに情報を付け加えるくらいしようよ。