やっぱりダメっぽい

まあいったりきたりを繰り返していますがまたpopSlateの話。

 

出荷が開始されてカスタマーサポートが出来て云々とまでは進んだけど、その後、USのIT系メディアでファーストインプレッション記事が出て「どうやら本当にモノはできているようだ」という感触と、「2年かかってこのクオリティかよ・・・いやでも出来上がったというなら喜べ・・・」というような複雑な気持ちだったんだけど。

どうもその後また停滞しているようだ。

実数がそろわないと出さないのか、あるいはファーストロットが出来たところで金銭的に枯渇してしまったうえ、ファーストロットの一定数をメディアに宣伝用として出してしまったせいで回収できなくなったか。

なんというか・・・もうちょっと計画的にやってくれんだろうか・・・。「ごめんなさい」を言えないアメリカ人というのはわからんではないが、せめて「お前は何番目の出資だから、発送は何月になるから、もうちょっと待て」くらい言えんもんかね。

まあそれを言わないがゆえに、出資者の多くは「こいつら資金食いつぶしたな・・・」と推論するんだわ。

 

さて、いつになったらそれがわかるかな、彼らは。無理か。