キャリアはスマホを使ってほしいのかほしくないのか

総務省の口出しがあって、携帯電話料金の5000円切り、みたいな話があって、でも結局各キャリアから出てきたのはほんの少し値段は削って、データ量上限を抑えただけのもの。
つまりなにも安くはなっていないし、誰もよかったっていう話をしない話。

いちじきの通信不安定化が引き金になって、0.数パーセントのスパム並ユーザーを排除するために、通信に上限を付ける方向で進んできたここ数年だけど、月数ギガのユーザーまで制限に達してしまったら不便は不便、という状況。そこを制限したいわけじゃないんじゃないの?と思うのだが、なぜかキャリアはそんなところばっかり制限している。
高速になりました!動画もサクサクです!ゲームもやりたいほうだい!アプリダウンロードしほうだい!(ただし月数ギガで制限しますけど)って、やり方、なんか矛盾してませんかねえ、広告審査機構さん。

まあそもそも「1パケット何円」という謎の料金設定をまず改めろと思う。昔の設備と同じじゃないんだし、使用量も使用法も変わってきているのに、なぜか1パケットの値段はいまでも同じ。算出の仕方を教えて下さい、まず。

LTEになって通話品質もあがったから、通話し放題にします!ってのもまったく意味がわからない。ようは設備投資分を回収するために、通話しないユーザーからも定額にして毎月ガッチリいただきます、ということであって、ユーザーの利便性を選択した結果ではないわけだし。
通話定額するなというつもりはないが、ユーザーに選択させろと思う。2年縛りを続けるなら余計に。
通話も段階か、せめて以前のようになんらかのプランを用意してもいいじゃないか。自分は特に月の通話は10分程度でなんら定額にする必要がない。そのために何千円も出すわけないじゃない。
データ通信にしてもそうで、たくさん使いたいユーザーからたくさんいただけばいい。月に3Gも使わないユーザーからがっぽり取ろうとしたって嫌がられるの当たり前でしょう。老齢向けのスマホなんてたぶんそのくらい。子供が使い過ぎないように、というのであればそれ用のプランで上限5ギガでストップするオプションとか用意すればいいだけの話だし、3G黎明期にあったプランの考え方にどうして立ち戻れないんだろう。

電話本体の価格の上昇もあるだろうから、当時の3千円台にしろというつもりはないが、大量使用向けに1万円台、少量使用向けに3000円台というのがあっても別におかしくないんじゃない?と。

今の悩みは

引っ越した先がBS放送の共同アンテナがないので、さてどうしたもんかなと思ってるところ。
いがいとBSみたりしてたほうなんで、なくなってみると結構さびしい。
でも、CS込みのパラボラアンテナをつけたら(取り付けられる場所が道路側にしかない)あっというまに某協会さんがやってきそうだし。あとは月々割高でもネットテレビの類かケーブルテレビと契約か・・・。

BSもそうなんだけど、最近は定額でオンデマンドのネットテレビもあって、huluをちょっと使ってみたけど、まあ映像に問題はなくややおびたすきなラインナップでいたしかゆし。まもなくはじまるnetflixとやらもラインナップはオリジナルが優先されるみたいで、どうなることやら。amazonはプライム会員だからprime videoが自由に使えるみたいだけど、現状のラインナップを全部見放題になるのかよくわからない・・・。
あと、意外と海外ドラマを吹替でみたいのが、字幕版ばかりでまあ当然なんでしょうけど、もうちっとはばひろい層にアピールするようがんばってほしいところ。

そんなこんなで、もやもやちゅう。

出荷目前

なーんて話をしていたら、popSlateからメールが。

Your popSLATE Media order has shipped

え?それって、出荷したっていってる???うそまじじょうだんやめてくださいよーせんぱいー的な感想しかおもいつかねえ・・・

6月の2週目くらいに到着する予定、詳しくは下記URLで確認してねーって書いてるけど、実際そのURLで確認できる状態では

A shipping label has been prepared for your item

宛名ラベルが作られた、としか書いてないんだけど・・・大丈夫かしらこのこたち。

やっぱりダメっぽい

まあいったりきたりを繰り返していますがまたpopSlateの話。

 

出荷が開始されてカスタマーサポートが出来て云々とまでは進んだけど、その後、USのIT系メディアでファーストインプレッション記事が出て「どうやら本当にモノはできているようだ」という感触と、「2年かかってこのクオリティかよ・・・いやでも出来上がったというなら喜べ・・・」というような複雑な気持ちだったんだけど。

どうもその後また停滞しているようだ。

実数がそろわないと出さないのか、あるいはファーストロットが出来たところで金銭的に枯渇してしまったうえ、ファーストロットの一定数をメディアに宣伝用として出してしまったせいで回収できなくなったか。

なんというか・・・もうちょっと計画的にやってくれんだろうか・・・。「ごめんなさい」を言えないアメリカ人というのはわからんではないが、せめて「お前は何番目の出資だから、発送は何月になるから、もうちょっと待て」くらい言えんもんかね。

まあそれを言わないがゆえに、出資者の多くは「こいつら資金食いつぶしたな・・・」と推論するんだわ。

 

さて、いつになったらそれがわかるかな、彼らは。無理か。

popSlateがMFiを取得、ついに出荷か

popSlateがMFiを取得しmass manufacturingを開始した、4月21日に出荷を開始すると宣言した。

最終的な出荷まで週一で情報をあげるといっているし、住所変更者の為に再度サーベイを実施するなど、本格的。これは本当なのか、本当に本当なのか・・・。

popSlateもnoteslateも何がしたいの

結局3ヶ月たっても、popSlateは出荷されていない模様。傍証としても、ほとんどまったく「popSlateゲットしたぜ」とか「使ってみたけど、こういう感じ」みたいなユーザーのブログやSNSでの発言はググってもググっても出てこないから。当初、E-ink画面の切り替えに使うソフトウェア仕様でIFTTTが釣書にかかれていたが、そのIFTTTにもpopSlateらしきアイテム(IFTTT的にいうとチャンネル)は出来上がっていない。もちろん、独自のアプリなどもいまだ見つかっていない。
メインのサイトでは「すでに最初の出荷で出払っちゃってるので、次の予約販売してます」って感じのメッセージ付きで、販売そのものは継続。最初の出荷、本当にしてるの?と当初出資を募ったindiegogoのフォーラムで話題になると、「出資分返せっていうなら返しますよ」て感じのそっけない対応はするが、製品が出荷されたか、今どのくらいで来てるのかといったことはほとんど説明なし。
目標金額達成から2年が経つけど、これはやっぱりダメなんじゃなかろうか。

もう一つのnoteslateは、1月中頃に「ついに発売するよ」とサイトをリニューアルして「予約受け付け開始したらメールする」とメアドを集めはじめたけど、結局1月中旬を過ぎたらサイトをさらに変えて「もうすぐでるから、メアド入れてね」状態に。そこからすでに1ヶ月経過。
でるでる詐欺と日本で言われていることに気づいているのだろうか・・・。サイトの映像や画像でこの1月にでるとしていたnoteslate、SHIROとサブネームが付けられた白い筐体白い画面のそれは、以前から出ていた筐体と画面部分がツライチになってスムーズな一枚のプレートという感じとは大違いの、アジアメーカーが何かを真似して作ったかのようなもの。
これも果たして本当に発売されるのだろうか・・・しかしこの筐体のクオリティで出てくるなら、当初のイメージとは大幅にかけ離れたものに・・・と不安が倍加している。

この人達は、本当に何がしたいんだろう。
popSlateは金を集めただけ、noteslateは耳目を集めただけ。
ネットメディア関係も、こういうのを最初の美辞麗句だけで持ち上げてないで、その後どうなっているのか追跡してきちんと世間に知らしめてほしいもんだわ。

popSLATEがついに出荷か

本日朝方(日本時間午前3時頃)、popSLATEの製造元からメールがありまして、他社のアンケートサイトを利用して、対応モデルの確認等がなされました。

住所って変わってない?と聞かれて「うん」と答えたけど、いつ伝えたっけ?と思い出せない程度にもう2年前。11月に発送するよといって、今日は11月27日ですが、そんなのぜんぜんおかしくもなんともないレベルなのがpopSLATEです。

当時はiPhone5がメインで、募集時もそれだったのですが、すでにアップルの主力は5sを通して6になっておるので、機種選択は5/5sまたは6となっていました。6plusは選べないのかという無茶ブリしてる人もindiesgogoにはいましたけど・・・そりゃむりでしょうたぶん。

質問はその程度。

さて、本当に発送されるかな・・・。

Windows10 Technical Previewをつるんといれてみた

Windows8系の失策に慌てたMSがそうそうに次期Windowsを出す、という噂はかねがねあって、逆にWin7やWin8をブラッシュアップしていけばいいのに・・・と思っていたけどそりゃあ戦略的には無理よね、という感じで2014年10月、ついにTechnical Previewとしてベータ版がおおっぴらに。

さっそく、遊休PCにインストールした。

PCのスペックはAMD系4コア2.1GHzミニマルサーバーで、DDR2メモリを4Gbyte、PCIe1にnVidiaチップビデオカード、PCIにsoundblasterを挿して。

win10

つるん。

“Windows10 Technical Previewをつるんといれてみた”の続きを読む