ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破

ぐもももももももも。
観てきました、破。


今回はつまり「エヴァ」を「破」ぶるということだったんだな、ととりあえず納得しておく。

まだまだいっぱい謎がちらばっているし、何しろあーた今回のエンディング!もうどうするんだよ!と席をけってたちそうになったり。うそですけど。

シーンの中では、前作(97年公開の「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」のこと)でエンディングになった「Komm,susser Tod(甘き死よ、来たれ)」のような効果を持った2つのシーンが印象的だった。

早くDVDなりで再見したい。いや、映画館みにいってもいいんだけど、やっぱりじっくりと何度もみなおしたいので。

これで「急」が俄然楽しみになりました。

2 Replies to “ヱヴァンゲリヲン新劇場版・破”

  1. 実は…
    エヴァにはかなり思い入れがないオレ…
    昨日も途中で寝たし。ダメですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です