ブラック・スワン

なんかひさしぶりに映画観た気がする。
「ブラック・スワン」、ナタリー・ポートマンがアカデミー賞を受賞するほどと期待してみたが、その期待に応える映画だった。


映画のストーリーや仕掛けに言及するつもりはない。
ナタリー・ポートマンの演技力とはどういうものかということだけだ。
神経質で気弱といわれればいわれるほど神経質で気弱になっていくし、セクシーで予測不可能にといわれればいわれるほどセクシーで予測不可能な表情になっていく。こわいなー、こわいなーと思いながら観ていました。
妄想の中で炸裂するグロいシーンにはちょっと辟易したけど、全体でいうと面白かったといわざるを得ない、というなんだか愛憎相半ばすみたいな感想で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です